地元ホテルが教える!飛騨高山で安く美味しい飛騨牛を食べるおすすめな方法!

飛騨高山に来たからには飛騨牛を食べたい!!

これは飛騨高山へ観光に来た多くの方が考えること。

でも飛騨牛って高いイメージがありませんか? ただでさえ観光の移動やお土産にお金を使うのに、そのうえ高級な飛騨牛を食べるのはちょっとお財布に厳しいのも事実。

そんなあなたへ、ご安心ください! 飛騨高山の地元ホテル「じゃぱねす邸高山」「美味しい飛騨牛を安く食べられる方法」をご紹介します!

地元ホテルだからこそ知ってるマル得情報を、ぜひあなたにお知らせしますね!

この記事を書いた人

 

1. 飛騨牛が700円から!? 「飛騨 こって牛」

飛騨高山で美味しい飛騨牛を安く食べる方法の1つ目は、「飛騨 こって牛」で食べること!(ちなみに読み方は「こってうし」です)

Screenshot of takayama-kotteushi.jp

リンク:こって牛

「こって牛」は高山の観光名所「古い町並み」にある、飛騨牛握り寿司専門店です。
700円といっても侮るなかれ、寿司のネタにはA5ランクの希少部位を、シャリには飛騨産「ひとめぼれ」を使用。飛騨牛料理認定店でもあるので、安心して美味しい飛騨牛を食べられます。

具体的なメニューは――

飛騨牛 にぎり寿し 竹炭塩・一貫 生姜醤油・一貫 計・二貫700円

700円で塩と醤油の一貫ずつ。じゃぱねす邸としてはこれが一番おすすめです。

飛騨牛 軍艦 黄身とオリジナル旨辛だれ 二貫800円

軍艦も美味しいですが、握りのほうが飛騨牛本来の風味を楽しめるかと。

三種盛り 竹炭塩・一貫 生姜醤油・一貫 飛騨牛軍艦・一貫 計・三貫1000円

両方試してみたい方にはこんなメニューもあります。

飛騨牛 トロさしにぎり(特に霜降りの多い部位を使用) わさび醤油と白髪ねぎ 二貫1000円

トロさしにぎり。ただ飛騨牛はもともと脂が多いので、こちらはちょっと重いと感じるかもしれません。じゃぱねす邸としてはやっぱりシンプルに一番上の「飛騨牛 にぎり寿し」がおすすめです!

ちなみにこって牛の場所はこちら。

もし手軽にA5ランクの飛騨牛を食べてみたいときは、まず「こって牛」に行ってみましょう!

*土日祝日はそこそこ並びますのでご注意くださいませ。

2. レストランより7割安い!?「丸明 飛騨高山店」

飛騨高山で美味しい飛騨牛を安く食べる方法の2つ目は、「精肉店 丸明で買って食べる」です!

Screenshot of www.hidagyu-maruaki.co.jp

リンク:丸明 飛騨高山店

というのもみなさん、飲食店の原価率は30%と言われているのをご存知でしょうか?

つまりみなさんがお店で1万円の飛騨牛を食べるとしたら、そのお肉の仕入れ価格は3000円程度。

それならコスパを考えると、精肉店で3000円程度の飛騨牛を買って、ホテルで仲の良い家族・友人で気兼ねなく食べるのがよっぽど安くてお得となります。

そして飛騨高山で一番有名な精肉店といえば「丸明」。地元民が通うお肉屋さんとしても有名です。

「でもキッチン付きのホテルなんてあまりないし、あっても高いんじゃない?」って思いますよね?

そこでちょっと宣伝になってしまいますが、当ホテル「じゃぱねす邸高山」は全部屋キッチン付きです。

もちろんフライパンや塩胡椒・調味料も完備しています。それなのにじゃぱねす邸の価格帯はビジネスホテルと変わらないか、むしろ2人以上なら安いくらいです。

またカセットコンロ&鍋セットも有償レンタルしていますので、焼くだけでなく鍋料理も楽しんでいただけます。

じゃぱねす邸の率直な意見としては、飛騨牛は「シンプルなしゃぶしゃぶ鍋にしてポン酢で食べる」のが一番美味しいです!

ということで飛騨牛を安く満喫したいなら「丸明 飛騨高山店」で買ってホテルで食べる方法はかなりおすすめです。

ちなみに丸明飛騨高山店の場所はこちら。じゃぱねす邸は好立地なので、丸明へも徒歩1分で行けますよ。

3. 車アリならもっと安く!?「肉の匠家 飛騨牛卸加工センター」

もしあなたが自家用車やレンタカーで飛騨高山を観光しているのでしたら、さらにおすすめなのが「肉の匠家 飛騨牛卸加工センター」です!

Screenshot of nikunotakumiya.jp

リンク:飛騨牛卸加工センター

飛騨牛卸加工センターは、地元の飛騨牛卸売業者です。

普通だと飛騨牛は 生産者→卸売業者→小売業者 と流通しますが、仲介が多くなるとその分だけ料金があがります。その点、飛騨牛卸加工センターでは卸売業者から直接お肉を買えるので、その分だけ安く飛騨牛を手に入れることができる訳ですね。

また飛騨牛卸加工センターは場所が観光地と離れているため、お店としては固定費・家賃を抑えられる分だけお肉も安く提供できるのでしょう。(ただ行くには車が必須ですのでご注意を)

飛騨牛卸加工センターの外観はこんな感じです。

中はお肉専門店らしく、びっしりお肉が並んでいますね。

特に美味しいお肉を探すなら、カウンター前のショーケースがおすすめです。

ちなみに匠家飛騨牛卸加工センターの場所はこちら。

ということで3つ目の方法は「匠家飛騨牛卸加工センターで買ってホテルで食べる」でした。車でお越しの方にはこれが一番おすすめです!

まとめ:飛騨高山で安く美味しい飛騨牛を食べるには

以上が、飛騨高山で安く美味しい飛騨牛を食べるおすすめな3つの方法でした。おさらいすると――

  1. こって牛のにぎり寿しで飛騨牛を食べる
  2. 丸明で飛騨牛を買ってホテルで食べる
  3. 匠家飛騨牛卸加工センターまで足を伸ばす

の3つです。

お値段の高いイメージの飛騨牛ですが、しっかりとポイントを押さえればおいしい安くて美味しいお肉が食べられますよ!

ちなみに当ホテル「じゃぱねす邸高山」この記事で紹介した全部屋キッチン付きのように、他のホテルにはない6つのメリットを備えております。どんなメリットか気になる方はぜひサイトをチェックしてみてくださいね!


高山で宿をお探しですか? じゃぱねす邸をぜひご利用ください!


投稿日2022年7月18日  -  飲食店・レストラン